イタリアワイン専門商社ETRUSCOです。多様な品種のイタリアワインを直輸入しています。

logo
ワイナリー

トスカーナ州

  • ティエッツィ
  • (TIEZZI)
  • ブルネッロ協会の会長を務めるENZO TIEZZI 彼のブルネッロの対する思いと情熱そして冷静な   鑑識眼はワインの造りにも明らかに出ています。 ワイナリーの歴史は1980年代からで、     それまでエノロゴとして培ったノウハウをもとに自社の畑を所有しました。 また彼の所有するVingna Soccorsoは1870年に世界で初めてBrunelloとして 世に送り出した歴史的畑でパリ万博などで賞を獲得するなどBrunelloの名を世界に知らしめました。

     

     

  • アジェンダ アグリコッラ チーマ アウレリオ
  • (AZIENDA AGRICOLA CIMA AURELIO)
  • トスカーナ州のマッサにある独特な畑から産み出される個性的なワイン。チーマボウルと呼ばれるすり鉢状の地形は最大で60パーセントの斜面から葡萄はすべて手摘みで収穫されます。また海と山脈の間を吹きぬける風によって寒暖差が生まれワインにとって良い条件が整っています。世界的に有名な大理石が産出される地域のため石灰岩質はヴェルメンティーノには相性良く、地元のラルドと合わせるとたまりません。最近は白ワインに関してはより明確にするためベースのベルメンティーノとクリュのALTOの2種に絞り、より明確なコンセプトを打ち出しています。

    また粘土質も多くメルローの原種と言われているマッセレッタ

    長熟でここのテロワールのポテンシャルを感じます。

     

  • カステッロ・ソンニーノ
  • (Castello Sonnino)
  • カステッロソンニーノはフィレンツェ近郊のキャンティモンテスペートリにあり12世紀からつづく領主でありながらワインに懸ける情熱も非常に高い作り手です。

    キャンティモンテスペートリからスーパータスカンのサンレオーネまで、この地のテロワールをうまく活かしながら現在にも通用するワイン作っています。

    今回の訪問ではソンニーノ男爵とともにテイスティングし、その中から厳選したものを輸入しました。

  • チェラルティ
  • (CERALTI)
  • チェラルティはボルゲリのカマルカンダとグラッタマッコに挟まれた最良の地にあるワイナリーで古くからこの地で葡萄栽培をし、

    以前はサッシカイアやオルネライアにも葡萄を卸していました

    土壌はエルバ島からの石灰岩よりの地層や鉄分の非常に多い土壌で、

    赤土の粘土層など非常に多彩なテロワールを持っています。

    その特性を活かすため現在はあのステファノキオッチョリから

    現オーナーの息子ヤコポがエノロゴを担当し

    土地の可能性を追求しています。

    自分の生まれ育った土地を愛する心が以前より格段に品質は上がっています。

  • アジェンダ アグリコッラ チェチーリア
  • (AZIENDA AGRICOLA CECILIA)
  • ナポレオンが幽閉されたことで有名な数少ないトスカーナ州エルバ島のワインMarina di Campoを囲む三か所に畑があり、広さはおよそ10ヘクタール。醸造は最新の設備を完備している。
    若きオーナーは日々ワインの向上に努め毎年試飲の度に質の向上には驚かされる。またラベルデザインもハチの巣をイメージした幾何学模様で構成されセンスの良さを感じさせる。又エルバ島の特徴のある葡萄品種も現代らしさのある洗練されたワインに仕上がっている。

ページ先頭へ戻る